アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
三浦主事の民事録
ブログ紹介
民事裁判の体験記録です
zoom RSS

ことばに動いてもらう

2018/01/26 16:01
例の安倍総理による9条加憲案である。1月23日のWEB版産経新聞よると9条3項において自衛隊の保持を明記するのは、現行の自衛隊法による規定をより高次の憲法で規定することが主たる目的とのことである。百地章氏はそれで日本国民自身は一歩も動くことなく三方勢力双方得となりる妙案であるとする。2条の交戦権はこれを認めないということとの整合性はいつものように先送りであり、次世代が情勢に応じて行動することに期待するとのことである。これは憲法学者としては曲学阿世の処世術であって、日本の自主・独立と国家の真正なる保守とは何ら関係がない。宗主国アメリカの意向に逆らわず、日本の属国からの独立には寸分も触れず、何となく日本の交戦権を(こわごわと)國際社会に主張したような体裁を整えつつ、国会で万が一共産主義政党に自衛隊を違憲と決議されることを避けることができるので、自民党の責任も回避できるという三方双方得となる妙案なのである。後日高村氏もこれに賛成していることは周知のとおりである。

ここに日本人の言葉の使い方の特徴がよく出ている。現実にいきずまり、困ったときには言葉や数字に動いてもらうと発想するのである。旧日本軍を侵略者であり、極悪非道な暴力集団であることを立証するためには、兵士という証人をまずでっちあげ、「私は済州島で慰安婦狩りをやりました」と虚偽の証言をでっちあげる。そうすると新聞というマスコミの社会的道義と存在意義にはまったく触れさせることなく、その証言に独り歩きさせ、日本国民を贖罪意識と自虐の虜にすることができるのである。つまり安倍総理の9条加憲案は、言葉に働いてもらうという発想において朝日新聞の犯罪とにていると思う。

福島原発事故においては、一年1ミリシーベルトという被爆限度基準があったにもかかわらず、実際に原発の爆発事故が起こった途端にその日のうちになんの議論も根拠もないままに一年100ミリシーベルトが被爆の下限値となった。この場合は、数字に働いてもらったのである。

これは下司の感想かも知れないが、西部先生の自死の理由の一つにはこれがあるかも知れない。



キャンプ、ハイキング、バックパッキング、釣り、トレンチエントレンチングツール、車の緊急事態などの軍事ポータブル折りたたみショベルと戦術的なウエストパック陸軍余剰マルチツールとPickaxe (アップグレード)
ヨンボショップ

ユーザレビュー:

<img src="http://webryblog.biglobe.ne.jp/images/affiliate/amazon-buy-jp.gif" alt="amazon.co.jpで買う" width="120" height="28" border="0" style="margin: 4px; border: 0px;" />
Amazonアソシエイト by <img src="http://webryblog.biglobe.ne.jp/affiliate/park/images/affiliate_portal.gif" alt="キャンプ、ハイキング、バックパッキング、釣り、トレンチエントレンチングツール、車の緊急事態などの軍事ポータブル折りたたみショベルと戦術的なウエストパック陸軍余剰マルチツールとPickaxe (アップグレード) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル" title="キャンプ、ハイキング、バックパッキング、釣り、トレンチエントレンチングツール、車の緊急事態などの軍事ポータブル折りたたみショベルと戦術的なウエストパック陸軍余剰マルチツールとPickaxe (アップグレード) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル" class="affiliate_portal_icon" style="border: none;" />
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

三浦主事の民事録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる